敵対的なM&Aに対する防衛策

敵対的な買収を仕掛けられた場合、どのような対抗策を取ることが出来るのでしょうか?
敵対的なM&Aには様々な対策があります。
まず、ゴールデンパラシュートという方法があります。
「黄金の落下傘」という意味ですが、これは買収される側の企業の経営陣に買収された後の退職金を非常に高額にする、というものです。
基本的に買収を仕掛けてくる側は買収が完了するとそれまでの経営陣を辞めさせ、自分たちが選んだ経営陣を選出しようとするものです。
敵対的な買収の場合にはそれがより顕著になりますが、退職金を釣り上げることで、買収が完了しても簡単には旧経営陣を退場できないようにすることで、
買収のハードルを上げることが出来るのです。
このつり上がった退職金が、黄金が落下傘のように降ってくる、というふうに例えられゴールデンパラシュートと呼ばれるのです。
次に、ポイズンピルという方法を説明します。
これは、新株予約権を一定の条件付きで発行できるようにしておくもので、買収が成功した時に新株予約権を行使して新株を発行し、相手側の持ち株比率を下げることによって経営の決定権を握らせないようにするというものです。
新株予約権を発行する方法には、新株予約権付株式を発行するなどの方法があります。
これは通常の株式と同じようなものですが、一定の条件で新株予約権を行使することが出来るものです。
買収が成功した後で新株予約権の効果が出てくることからポイズンピル(毒薬)という名がついています。
他の会社も巻き込んだ方法で、ホワイトナイトという対抗策もあります。
これは他にどこか自分たちの会社にとって有効的な第三者の企業を探して、その企業に自分たちの会社の株を購入してもらうというものです。
1/3以上の株式を購入してもらえば、重要な案件について拒否権を行使することができますので、相手側企業に経営権を握らせないようにすることが出来ます。
白馬の王子様のようにさっそうと第三者企業が登場して助けてくれるというイメージからホワイトナイトという名前がついています。
守っているばかりではなく、逆にやり返すような対抗策もあります。
パックマンディフェンスとい呼ばれる方法です。
これは買収を仕掛けてくる側の企業を逆に買収してやろうとするものです。
逆買収が成功すれば、逆に相手側企業の経営権を握り、自分たちの会社への買収を進めようとしている経営陣をやめさせることも可能になってきます。
買収資金をどうやって調達するのか?逆買収が企業の利益になるとどうやって株主に説明するのかなどの問題点もありますが、こちらから仕掛けることが出来るという点で能動的な防衛策です。
他にも敵対的M&Aに対する対抗策はたくさんあります。
敵対的な買収にはこのようなリスクが伴うため、近年では買収を行う側も出来るだけ友好的に進めようとする場合が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*