ピアノの買取をしてもらう際に大切なこと

弾くことがなくなってしまったピアノは家にあると場所を取るため、物置になってしまったり、邪魔になってしまうことがあります。
しかし、ピアノは今でも人気が高い楽器であるため、中古市場でも高く売買されています。
ですから、不要になってしまった場合は欲しい人へ売るとお得なのです。

買取を依頼するタイミングとして多いのは、引越しの際や場所をとってしまうために邪魔に感じてしまった時、子どもが成長したため弾く人がいなくなってしまった時、新しいものに買い換える為に処分したい時などがあります。

買取を依頼する際には、事前にメーカーやモデル、製造番号を調べる必要があります。屋根を開くと中に記載されており、査定の際に聞かれることが多いため、事前に調べておきましょう。

近年、インターネット上には、一括で査定ができるホームページがあり、買取を行う業者によって流通経路が異なるため価格に差があります。査定結果はメールなどで送られてくるので、どの業者を選ぶかを決めましょう。

高値で買い取ってもらうために必要なことは、傷や汚れがないように丁寧に扱い、掃除しておきましょう。
多くの人が使わなくなったピアノの上に写真や楽譜などを置いてしまうことが多くありますが、重いものを置いたり、たくさんのものを乗せてしまうと微妙にバランスが崩れ、音の劣化が起こってしまうことがあります。ですから、日頃から上に物を置かず、丁寧に扱うことが大切です。
そして、音を保つためには、水平な場所に設置しておくことも非常に重要です。家を建てている地盤が傾いてしまっていたりすると、音のバランスが崩れ音が悪くなり、査定額が低くなってしまうこともありますから、水平な場所へ置いて大事に扱いましょう。

買い取りサービスは多くありますが、トラブルもあるため、注意が必要です。
買い取りをしてもらう場合、事前に連絡した型番やメーカーを参考に査定を行いますが、業者が実物を見た際に事前に伝えていた情報が間違っていたり、状態が事前見積りより悪い場合は減額されてしまいます。そのようなことがないよう事前にしっかりと正直に状況を伝えましょう。
また、買い取り業者が決まり、引渡し当日に家の壁や家具などに傷をつけられてしまうこともあります。引渡し当日までに運び出す経路の写真をとっておき、傷をつけられてしまった場合は証拠となる写真を業者に提示することで補償をうけることができますから、対処できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*